読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漆黒のジャンブル

まだ方向性が決まっていないブログです。 日々更新していきたい

ブンブン、ハロー インフルエンサー! ヒカキンさんとの関係性は?

ブンブン、ハローインフルエンサー

どうも、くりふぁふぁ(@kulifafa)です。

 

ついに、乃木坂46 17th Single「インフルエンサー」のミュージックビデオがYouTubeで公開されましたね!

 


乃木坂46 『インフルエンサー』

 

 

観葉植物の部屋での白石さんと西野さんの激しい手の動き、星形で6人座った状態からのダンス、クールな表情で振り付けを自分のものにしている伊藤万理華さん、等々と他にもまだまだ見どころがたくさんある作品になっています。

 

また、曲のジャンルは違うかと思いますが、恋ダンスのように手の動きが揃うと綺麗に見える点では似ているので、今後の歌番組で披露される際にはぜひ揃えて、真似する人が多くなるようなブームになったらいいなと思っています。

 

 

さて、そんな今回のMVですが、はじめに曲を聴いたときに一つ思ったことがありました。

 

ヒ、ヒカキン……!?

 

なぜヒカキンさんをイメージしたかといいますと、彼の動画の冒頭に欠かせないフレーズ――

 


ブンブンハローYouTubeへのこだわり

 

そう、ブンブンハローYouTube

 

ときどき彼の動画を見ている私からすると、ブンブンといえばヒカキンさんのイメージが大きいです。

まして今回の曲のタイトルでもある「インフルエンサー」のいわゆるファンに対して大きな影響力をもたらす人といった意味も同時に考慮すると……

www.weblio.jp

 

完全にヒカキンさんではないですか!

 

小学生の将来なりたい職業ランキングで、YouTuberを上位にランクインする結果になった大きな要因であるヒカキンさんをインフルエンサーと呼ばずして何と呼べばいいのでしょうか?

 

パイロットや野球選手、医者、アイドル、といった従来の人気ランキングに、新たなYouTubeという職種を加えるのは至難の業であり好感度がなければ成し遂げられません。

 

もしや今後、乃木坂46とヒカキンがタイアップしてYouTubeを盛り上げていく可能性もゼロとはいえないかもしれませんね。

 

しかし、そんなことを思いつつインフルエンサーを聴いていると、「いや、これはヒカキンさんの意味でのインフルエンサーとは違うなぁ」と感じてきました。

 

人気YouTuberとチャンネル登録者、人気ブロガーと読者(フォロワー)といった関係ではなく、むしろ、乃木坂46のメンバーとファンの関係を歌った曲ではないかと気づきました。恋愛感情も入ってますし。あくまで個人的な大雑把な解釈ですが、

 

メンバーには気軽に定期的に握手会で会うことは可能だけれども、それ以上の関係にはなれないファン

でも、推しメンのことが好きだから離れることもできない僕(ファン)

僕は影響を受けることだけしかできないーー

 

 

乃木坂46のメンバーも立派なインフルエンサーです。

事例を挙げてみると、乃木坂46時間テレビでの出来事を覚えていますでしょうか?みさ先輩と同じ名前の商品がすぐに完売したように大きな影響力があります。

 

ただ、この歌では大きな視点(有名人と大勢のファン)ではなくて、小さな視点(有名人と大勢のファンの中の一人)といった関係だと感じました。

社会現象ではなくてあくまで個人の感情的なものーーそんな気がします。

 

ヒカキンファンから見た彼は憧れの存在であり、乃木坂46ファンから見た彼女は好きという恋愛対象の存在ではないでしょうか。

 だから、同じインフルエンサーという立場であっても、ヒカキンさんとはファンから見たジャンルが違うので関係性はそんなに無いといえるでしょう。